【SUYARi(スヤリ)】効果は嘘?本当?口コミ評判を調査!

MENU

SUYARi(スヤリ)サプリを購入前に!知っておきたい口コミ効果の真実

・眠いのに寝れない
・寝付きが悪く睡眠が浅い
・寝ても疲れが取れない、寝たはずなのに眠い
・朝起きるのが辛い、朝から疲れている
・日中眠たくて仕方ないのに夜眠れない

などといった睡眠にまつわる悩みは、現代の国民病とも言われているほどで、日本人の5人に1人は頭を悩ませている問題だと言われています。

この辛さを経験した事のない人に話すと、「たまにあるよね、そんな日」なんて軽く同調されます。

顔は笑顔でも「こっちはそれが毎日なんだよ」なんて心の中では暴言を吐いちゃうこともよくある事で。


そんな眠りに対する悩みを抱える人たちのお助けアイテムとして重宝されているのが、おやすみサプリです。

睡眠の質を上げるサポートをしてくれるおやすみサプリとして、ここ最近注目されているのが、『SUYARi(スヤリ)』です。


『SUYARi(スヤリ)』サプリって?



『SUYARi(スヤリ)』サプリの口コミを調査!


『SUYARi(スヤリ)』サプリの良い口コミ


『SUYARi(スヤリ)』サプリの悪い口コミ


『SUYARi(スヤリ)』サプリを購入するには?


『SUYARi(スヤリ)』サプリの最安値は公式サイト!


販売者情報



良質な睡眠をとるための食事と寝具

サプリの他にも、良質な睡眠をとるために、自分でできる方法として食事や寝具について紹介します。

睡眠と食事にどんな関係があるの?と思われる人も多いかもしれません。
しかし、良質な睡眠にとって、どんな食事をするのかというのはとても大切な要素です。


食事

まず、食事をする時間帯についてです。

どんな内容の食事をするにせよ、せめて寝る2〜3時間前には、食事を済ませましょう。
食べてしばらくの間は、身体は消化することに集中していますので、良質な睡眠が取りにくくなってしまいます。
食事の時間帯を工夫するというのは、実践しやすい方法ですので、ぜひ試してみてください。

そして、食事の内容についてですが、良質な眠りに効果のある栄養を取るようにすると良いでしょう。
例えば、トリプトファンはオススメな栄養素です。なぜなら、このトリプトファンは脳をリラックスさせてくれる働きがあるからです。
トリプトファンを多く含む食品には、バナナ、ヨーグルト、チーズ、卵、ひまわりの種、アーモンド、マグロ、カツオ、たらこ、肉、ゴマ、納豆、豆類、玄米、干ししいたけなどがあります。

寝具

次に寝具を工夫することで良質な睡眠を取るという方法についてです。
寝具を整えるということは、寝る環境を整えるということでもあります。
どのような寝具を使うかということで、良質な睡眠が取れるかどうかが大きく変わってきます。

しかし、決して、高価な寝具を使わなければいけないということではありません。
では、どのような工夫をするのが良いのでしょうか?

まず、敷き布団やマットレスは固めのものがオススメです。好みはあるかと思いますが、固めのものの方が、寝返りも打ちやすく、睡眠中に身体から出る汗を発散させやすいでしょう。
固めの敷き布団はどうしても好みではないという場合には、2枚重ねてみるという方法もオススメです。
特に、固いマットレスの上に、固めの敷布団を重ねると寝心地が良く感じます。

また、シーツ類は、いつも清潔を保ちましょう。さっぱりとしたきれいなシーツは、ジメジメしておらず、さわやかで良質な睡眠を誘います。


眠れない時に使える意外なアイテム!

羊を数えるより効果的!眠れない時に早くすぐ寝る方法とは?

早く寝ないといけない、そんな夜に限って、なかなか寝付けないっていうことありますよね?
眠れない時に早くすぐ寝る方法として、誰もが知っているのが、羊を数えるというやり方ですね。
「羊が一匹、羊が二匹・・・」と数えているうちに、眠たくなるというもの。
この羊を数えるという眠れない時に早くすぐ寝る方法も、上手に行えば、効果がないわけではないのですが、このくらいでは眠れないという人も多いことでしょう。

そこで、羊を数えても眠れないという人にオススメの眠れない時に早くすぐ寝る方法を紹介します。
その方法とは、湯たんぽです。
この湯たんぽを使う眠れない時に早くすぐ寝る方法は、冬の寒い時期だけではありません。
実は、夏でも効果があるという方法です。
特に、女性の方で冷え性だという場合には、この湯たんぽを使うことで、すぐに眠れるようになったという人は多いようです。

では、この湯たんぽのやり方を説明します。
温めるのは下半身がオススメです。
特に、おヘソの下辺りに湯たんぽを当てると効果的だとされています。
この辺りには丹田というツボがあるからです。
市販の湯たんぽでは重いという人は、ペットボトルにお湯をいれたものがオススメです。
ペットボトルだと、自然と温度も冷めていきますので、低温やけどの心配も少なくて済みます。

おヘソの下だけでは眠たくならないという人は、お尻も温めてみて下さい。
なんとなく尾てい骨付近に湯たんぽを当ててみてください。
体全体のこわばりが取れて、リラックスしていくのを感じることができるでしょう。

この方法は夏でも、効果的です。
夏でも、体が冷えているという人は多いものです。
自分の体が冷えているかどうかチェックする方法があります。
おヘソや太ももに湯たんぽを当ててみてください。
その湯たんぽの熱が気持ち良いと感じられたら、体が冷えている証拠です。
そういう場合には、この湯たんぽによる眠れない時に早くすぐ寝る方法がとても効果的でしょう。

睡眠薬を飲む前に・・・、薬の副作用と依存性について

本当に辛くて辛くて、薬の服用を考える人もいるでしょう。病院で不眠症と診断されれば「ハルシオン」などの睡眠導入剤の処方をしてくれます。しかし、睡眠薬は服用することで眠りにつく事ができますが、不眠症が根本的に治るわけではありません。

また、気になるのは薬の依存性や副作用です。一時的な服用の場合はいいですが、肝臓に負担がかかる事は避けられないですし、薬を飲まないと眠れなくなるほど抜け出せなくなった場合は、脱力感やその他の副作用も心配です。

特に病院で処方される睡眠薬は、ただの睡眠導入剤でありません。睡眠導入剤という名の精神安定剤なのです。現に、よく処方される睡眠導入剤は、うつ病などの精神疾患の治療にも普通に使われています。

精神安定剤は、脳へ作用する薬です。中には、筋肉の緊張を緩める作用のある薬というのもあります。どちらも、副作用があります。また、一度、服用すると、薬を止めるときに、辛い症状が出る場合も多いです。


薬なしでもできる対策法はないの?

「薬を飲まなくてもぐっすり眠りたい!」

あなたもそう願っていませんか?


ということで、私は睡眠薬を使わなくてもできる対策法をいろいろと調べました。まず、定期的な運動やストレス発散、生活習慣の改善、また食生活を正しくすることも重要なんだという事がわかりました。

とは言っても、毎日の仕事や家事の忙しさで、それもなかなかそれも難しいとあきらめてしまう人も多い事でしょう。私も同じように思っていたときに、もっと手軽にできる対策方法を見つけました。

その対策方法というのが、サプリメントです。

もし、寝ても寝た気がしない、疲れが取れないということで悩んでいるのであれば、睡眠薬ではなく、サプリメントから始めてみるのはどうでしょうか?サプリメントといっても効果は人それぞれなので、これを飲んだからすぐ改善するという保証はないですが、いきなり睡眠薬から始めるよりもいいと思います。


というのも、先ほども記述したように、睡眠薬には副作用の心配があります。

ですので、よほどのことがない限りは、まず、寝付きが良くなるために、生活習慣を改善したり、サプリメントから試すのも視野に入れてみてください。日中の生活に支障をきたしていない程度であれば、睡眠導入剤を使うのは待った方が良いと思います。




サプリを使ってみて、しっかりと休息することができれば、睡眠導入剤に頼る必要はなくなるかもしれません。

まずは寝つきをよくするための環境を作ることが肝心です!内側から快眠をサポートする為のアイテムとして、薬を選択する前にまずはサプリ試してみてはどうでしょう。